台湾で最も身近なフルーツ?!
スイーツにも、漢方薬にもなる
ロンガン(龍眼)大特集

ロンガンは台湾で昔から愛されているフルーツです。

薄茶色の殻をむくと白透明な果肉とタピオカのような種が現れます。

私はフレッシュではちょっと苦手なフルーツなのですが、

ロンガンはスイーツにも漢方食材にも、ハチミツもとれるし、美味しい烏龍茶にも欠かせない万能フルーツ。

そんなロンガンの魅力をお伝えしてきます!

ドライフルーツのはずなのに、
ドライフルーツカウントされない?!
ロンガンのドライフルーツ

早口言葉のようなタイトルですが、一般的にドライフルーツと言われたとき、ロンガンってカウントされないんですよね。何故か?それは龍眼肉(りゅうがんにく)や桂圓とも呼ばれる漢方食材でもあるからです。漢方スイーツにもよく使われます。

効能としては、老化予防、免疫力増強、精神安定、動悸・貧血・消化不良の改善によいとされます。

フレッシュのロンガンが苦手な私も、この桂圓(グイユァン)ならスイーツとして食べる機会が多いです。

桂圓紅棗枸杞茶 は女性の強い味方!

桂圓紅棗枸杞茶は文字通り、桂圓と紅棗と枸杞(クコ、コジベリー)が入った漢方茶です。補血(ほけつ)という血を補い、肝臓腎臓を力づけ、気力が増し元気になる効果があるとされています。血の巡りがよくなるので、免疫力も増すとのことです。台湾では特に女性に愛されている元気茶です。

台湾で一番ポピュラーなハチミツ、
ロンガンハニー(龍眼蜜)

甘さがしっかりあって、酸味がなく、香りがよい。しかも、結晶しない。
ロンガンハニーは多くの人が求めるハチミツ像を体現しているだけあって、台湾で最もポピュラーなハチミツです。それだけにニセモノも多く出回っているハチミツです。

本物の炭焙烏龍茶にロンガンの木は欠かせません

台湾の生活特に食には陰陽五行の考え方が根付いているんですが、ロンガンの木は陽の木を持っている木で(この辺の内容はツウな方用なので、分からなくても構いません)、それをじっくり高温で作られらロンガン炭から織りなされる火は純陽の火(純粋に陽の木の火)なんだそうで、強い陽の木で燻された烏龍茶にはポジティブなパワーが宿るのだそうです(ここ重要)。

また、ロンガンの炭はとても遠赤外線効果が高く、お茶の隅々まで完全に乾燥させることができるそうで、お茶が変質しにくく、またロンガン独特の香りもあり、炭焙烏龍茶の最上等品は必ずロンガンの炭で焼いていないとおかしいと言えます。

しかし、ロンガンの炭で焙煎したお茶は現在、台湾でもとても少ないです。

何故か?それは炭の火を管理するのが難しく、昼夜を問わず見ていないといけないため、技術を継ぐ人も少なく、消失寸前の技術と言われているためです。