台湾フルーツ(15):柑橘系

その昔、日本の柑橘がそれほどでもなかったころ、台湾から輸入されてきた柑橘が大変重宝されたと聞きました。今はあまり日本へ輸出されていませんし、必食というほどでもない柑橘系ですが、市場でよく見かけるとおもいますので、ざっとご紹介いたします!

こちらは、桶柑(タンカン)。だいたい葉付で売っています。

こちらは茂谷柑、皮がつるっとした感じが特徴です。

こちらは柳丁(ネーブル)。このネーブルは台湾では最も安価でもっともポピュラーなフルーツで、レストランの招待(サービス)で食後によく登場します。

買って食べても美味しいですが、市場などのしぼりたてジュースが旅行の方にはいいですよ!

 他にも柑橘系ありますので、写真を撮り次第少しづつアップしていきますよ!

お楽しみに!