台湾フルーツ(11):グアバ(芭樂)

その昔、甘くてもなく硬い「グアバの美味しさが理解できるようになったら、台湾人」と踏み絵のように考えてきた果物。今は品種改良され、ほんのり甘くてあっさりしたフルーツが好きな方にはおススメの果物となってきました(台湾以外で食べると未だに踏み絵感があります(汗))。

台湾ではグアバは完熟前の硬いものを食べます。

白肉のものと赤肉のものがあり、一般的に赤肉の方が甘いとされ、価格も若干高いです。

 

食感は果物ではかなり硬め。カリカリといった感じ。リンゴよりも硬いです。

 

台湾では1年中あり、価格も安定的に安い果物ですので、柳丁と並んで、レストランでの食事の最後にサービスで出てくる果物の代表格です。

台湾フルーツ(11):グアバ(芭樂)

台湾での旬:1年中(7~8月頃産量が一番多い)

産地:高雄燕巢が最も有名