台湾フルーツ(10)パパイヤ(木瓜)

台北市内でも少し山に入るとたわわに実ったパパイヤの木をよく見かけます。

台湾では非常にポピュラーな果物。果実が黄色く熟してから食べますが、私は個人的にはフレッシュで食べるよりは、パパイヤミルクで飲むのが好きです。

タピオカが有名な台湾ですが、パパイヤミルクも試してほしいな。

パパイヤの果実は大きいものは1kg近くなりますので、パパイヤを買ってホテルで持ち帰るにはちょっと向いてないかもしれませんしね。

熟してないパパイヤ(青木瓜)はタイ料理のソムタムや台湾では女性ホルモンを刺激するということで、豊胸効果があるとされています。でも、妊婦さんは控えてください(熟したパパイヤは大丈夫です、というか熟してないパパイヤはあまり売っていないので間違って買うことはないと思います)。

そういえば、昔「レロンレロンシンタ」という歌に「パパイヤの木が風に揺れておいでおいで」という歌詞がありましたが、バランスの悪いパパイヤの木。木が風に揺れるようなところに植えてあるのをみたことがないなあと今となっては思います。

 

台湾フルーツ(10):パパイヤ

台湾での旬:1年中(9~10月頃が一番美味しい)

産地:中南部を中心に台湾全土