台湾フルーツ(6):インドナツメ(蜜棗)

つるっとした薄緑色の薄い皮をまとった、冬の台湾フルーツの代表格。

可食部が非常に多く、果梗(果実が枝とつながっている部分)とそのすぐ下にある小さな種以外は全て美味しく食べることができますので、旅行中ナイフもない状態でも洗って、冷蔵庫で軽く冷やしさえすれば美味しくいただけます。

梨のようなほのかな甘さが好きな方は必食!

当たり外れが見た目で分かりにくいのが難点ですが、美味しいものは梨よりも甘く美味しく、シャキシャキとした食感でファンになることでしょう。

私も個人的に一番好きな台湾フルーツの1つです。

台湾フルーツ(6):インドナツメ(蜜棗)

台湾での旬:旧正月前

産地:高雄など南部